あちこちひとめぼれ絵日記②~un coup de foudre~

reremimi2.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 19日

ひとめぼれファイル #236 一転二転、大どんでん返し

ちょっと前の、白馬のお土産話に戻りますが・・・・

お土産やさんで妹が、長野土産といえばこれ。
と教えてくれたのが、これ。
f0108000_82644.jpg

みすずあめ。
”これさあ、最初見た目引くでしょ?でもおいしいんだから”と自信満々の妹。

確かに。
これってさ~、スーパーのばあちゃんコーナー。
せんべいやら、一口羊羹やら、栗饅頭やら、ばあちゃんたちのお茶うけ用お菓子コーナー。
にありがちな、果物ゼリー?
もともとゼリーが苦手な上に、ばあちゃんコーナーのゼリー??
絶対無理。
と思いましたが、妹に逆らえるはずもなく、一袋かってもらいさっそく味見してみると。

んまいっ!!
ぐにぐにゼリーじゃなくて、果物の美味しさがねっちりつまった感じ。
なにこれ?んまい!!

f0108000_8332116.jpg

あんず、もも、三宝柑、ブドウ、うめ、りんごの6種類の味入り。
どれも、その果物の味がしっかりとして、ほんとにおいしいの♪
もちろん買ってきて、うちでも幸せに、もぐもぐねちねち消費していたのですが。

ある日、近所のスーパーで、レジに並ぼうとしたとき、近くのばあちゃんコーナーに、
見慣れた包装紙が・・・・・・
がびーん・・・・
みすずあめちゃん。
やっぱり、ばあちゃんコーナーで売られてる・・・・

ああ・・・もしワタシが正義感に燃え、男気あふるる人間だったなら・・・・
”違うんだ!こいつはこんなところでくすぶってる奴じゃないんだ!!”
と、スーパーの中の一等地に移してもらうところですが。
いかんせんへなちょこ。
”次回、買ってやるからな。ここでがんばれよ。”
と心の中で、みすずあめにエールを送って、すごすご帰ってきました。

そして、今日、なんとなく気になって、みすずあめを作っている、
飯島商店のホームページを見てみると・・・・

・・・・すごい!!
由緒正しいお嬢様だったんだ!!
大正時代の洋館育ちなんですよ、みすずちゃん。
アンティークなお屋敷育ちの彼女が、うちの近所のばあちゃんコーナーでくすぶってるなんて。
まさに、昼のメロドラマ的、波乱万丈な人生ですね。

次回、長野に行ったら、ぜひ、みすずちゃんの生家を訪ねたいと思います。
みなさんも、ばあちゃんコーナー、チェックしてみてください。
ほんと、おいしいですから。
[PR]

by reremimi2 | 2006-11-19 08:47 | delice


<< ひとめぼれファイル #237 ...      ひとめぼれファイル #235 ... >>