<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 29日

ひとめぼれファイル #380 大福の福は幸福の福

お豆大好きなレレ、
最近はあんこにも目覚めたようで・・・・
最近のお気に入り
f0108000_1738381.jpg

豆大福。
近所の和菓子屋さんで見かけて、
”レレ食べてみたいなあ”と言うものの、
豆大福って、どうなのかな?
と妹と言いつつ、買ってみると、ぺろりと完食。
もちろん口の周りは粉だらけでしたけど。
そして次の日もまた・・・
和菓子屋さんの前で、
”レレ、お福って大好物なんだ♪”と、豆大福お買い上げ。
・・・そりゃあ、和菓子屋のおばちゃんも大喜びですよ。
もちろんワタシは心の中で、
”お福じゃなくて、豆大福だよ。
おまけに大好物って、昨日初めて食べたんじゃん”
と突っ込みましたが・・・
そして・・・
f0108000_17452918.jpg

人形焼。
レレはこれもまた独自に、”お顔焼き”と呼んでいますが。
雷門の仲見世通りで、焼きたてほかほかを買ったのがよかったのか、
これまたぺろり。

そうそう、あんこはおいしいよねえ。

大福つながりで・・・

先日、妹と、福○○という住所を探して、
交番で聞いたのですが、
若いおまわりさんも探すのに手間取り、
”え~っと、福は幸福の福ですよねえ?”
ときくので、”はい”とワタシが言いかけると、
横から妹がまじめに、
”いいえ、大福の福です”
・・・・妹よ、大福の福は幸福の福とおんなじだよ・・・・・
若いおまわりさんは気づいたのか気づかなかったのか?
ワタシは笑いをこらえるのに必死でした。
恐ろしや、我が家のDNA。を実感した出来事でした。
[PR]

by reremimi2 | 2008-05-29 17:54 | mon chouchou
2008年 05月 28日

ひとめぼれファイル #379 le premier cri

プルミエール
フランスのドキュメンタリー映画です。
世界10ヶ国の女性の、さまざまな状況での出産をカメラに収めたもの。
も~う、涙もろいワタシなんて最初のシーンから涙がじんわり。
子供を産むって、そして子供が産まれてくるって、
地球に生命が誕生してからずーっと繰り返し行われてきていることなのに、
いえ、だからこそかもしれないけれど、
ほんとうに、神秘的で感動的なことなんだなあ、と改めて思いました。
もちろん社会的状況などで、神秘、なんて言ってはいられない、
まずはこの命を守らねば、というようなこともあるのも含めて、
産む、産まれる、生命の力強さを感じました。
母である女性、そしていつの日か母になる全ての女性へ~
ということでしたが、男性にもぜひ見て欲しいな。
ワタシは夫さまと行きました。

ワタシと同じくらい涙もろい方は、DVDになるのを待ったほうがいいかも・・・

フランスのドキュメンタリー映画の優れている点、
というかワタシが好きなのは、個人への思い入れが強すぎない、という点なんだな、
と今回この映画を見て考えました。
もちろん思い入れはあるのでしょうが、
この人物はこういう人で、
我々はこの人物をこう見るべき、こう判断するべき、
この人物のこういうところを賞賛すべき、
という押し付けがましさが感じられないところが好きなのです。

さて、カンヌでは、21年ぶりにフランス映画が、
パルムドール受賞!
”entre les murs"
これまた楽しみです。
早く日本でも見たいなあ。
[PR]

by reremimi2 | 2008-05-28 07:19 | cinema
2008年 05月 27日

ひとめぼれファイル #378 今度こそ・・・・頼むよ!!

f0108000_6493195.jpg

これはきっと種!!
という強い思い込みの下、植えてみました。

何の種かというと・・・
f0108000_6511824.jpg

ハイビスカス。
去年夫さまが、近所のスーパーで買ってきてくれた鉢植えのハイビスカスなのですが、
元気に育ってくれ、なぜか真冬にも咲いてトロピカル気分を味わわせてくれたものです。
先日気づいたら・・・
f0108000_6535144.jpg

手前のように、お花が咲いた後、ぷっくりと実のようになり、
それが大きくなったので、パカッと開けてみると、
中からかわいらしい種(と思われる)ものが出てきたのです。

よし!種まき完了!!
f0108000_656493.jpg

・・・あれ???
この鉢って・・・・
そうです。あの鉢です。
実は、あのやしの木、ぜーんぜん芽が出てくれなかったのです。
”発芽率98パーセント。発芽しない場合はお電話ください”
・・・とまで書いてあったのに・・・・
それでもワタシは、ノコノコ電話しました。
そして、親切に新しい種を送っていただいたのですが・・・・
それもまたダメ。
さすがに2回目は電話できませんでした。
恥ずかしく悲しい思い出・・・・

今度こそ!かわいらしい芽が出ますように!!
[PR]

by reremimi2 | 2008-05-27 07:08 | Japon
2008年 05月 20日

ひとめぼれファイル #377 10年たっても・・・

10年たっても、好みってそんな変わらないもんなんだなあ、
と実感したもの。
f0108000_812559.jpg

こちら、10年ちょっと前に、パリでひとめぼれして買ったカエルバッグ。
鋲でとめられたようなカエルがちょっと・・・・
な~んて言われても、やっぱり大好きでいまだに使ってます。
f0108000_842227.jpg

こちらは、この前京都で買ったもの。
アカシアの木をくり抜いて作られたもの。
これもひとめぼれですよ♪

カエルモチーフが大好きで集めてしまうの♪
ってほどではないんですが、けっこう好きなのかも。

そんなことを考えながら、久々に消しゴムホリホリしました。
f0108000_871672.jpg

BGMは、こちら。
両生類・はちゅう類 (小学館の図鑑NEO)
松井 正文 / / 小学館




図書館で借りてきたこの図鑑。
なんと、67分間、世界のカエルの鳴き声CD付き。
すごいですよ、これは!!
じっくり聞いていると、確かに、
♪ケロケロケロケロ、クワッ、クワッ、クワッ♪
だけではない、多種多様さに圧倒されます。

余談ですが・・・
このCDを聞いているときに、夫さまが帰ってきて、
”・・・・これ・・・・、なんかリラクゼーションとかそういうの?”
と、恐る恐るきくので、
”違うよ、おもしろいから聞いてるだけ”
と答えると、あきらかにほっとしてました。
どうもワタシが、そういう方向に引っ張られるのを心配しているようです。
・・・でも、おもしろいからって、カエルの鳴き声聴き続ける嫁のほうがいいんだろうか?
不思議です。
f0108000_8154556.jpg

[PR]

by reremimi2 | 2008-05-20 08:22 | Japon
2008年 05月 16日

ひとめぼれファイル #376 複雑男子心

レレももうすぐ5歳。
いろいろ複雑な心の動きが見られるようになり、
レレ観察にもますます力が入るってもんです。

先日、おやつにりんご食べよっか~。
と言うと、
”ウサギさんにして♪”とのリクエスト。
めんどくさー、と思いつつも、お答えしましたよ。
f0108000_1740339.jpg

”ほんとにウサギさんだ~♪”と喜んでくれたので、
ほっとしていると・・・・
”ミミ~、これ皮が食べにくいよ。皮のないウサギさんにして♪”
・・・りんごの皮なしで、ウサギさん、難しすぎ。
そのリクエストにはお答えできず、結局、
皮を剥いて普通に食べました。
f0108000_17431217.jpg

”ねえねえ、なんでウサギさんにしたかったの?”
ときくと、どうもテレビで見て、ほのかな憧れを抱いていたらしい。
f0108000_1746897.jpg

そっか~。わかるわかる。
ワタシも小さい頃、本やマンガに出てくるようなお母さん手づくりケーキ。
とかに憧れたもんなあ。
うちの母はそういうタイプではなかったので。

その後、我々の愛読書、動物図鑑を見ていると、
あるページにさしかかった途端、ものすごい勢いで次のページをめくるレレ。
”なんで?見てないじゃん”
ときくと、
”だって、これ遠足の動物園で本物見るんだもん!”
数日後の保育園の遠足で実物を見るまで、
どうやらその楽しみをとっておきたいらしいのです。
んまあっ!レレったら、もう自分をじらす喜びを知ってるわけ???
大人じゃ~ん!と、待つ喜びを未だに味わえないワタシは思ったのです。
本物の楽しみのために今我慢するって、ワタシにはできないことです。
確か、プルーストの”失われたときを求めて”にも、
少年時代、お母さんがお休みのキスをしに来てくれるのを、
ベッドでひとり待つ間、
その待ってる時間も楽しみと期待が続くので、
お母さんがなるべく遅く来てくれればいいなあ、
と考えるシーンがあったように思います。

f0108000_17555147.jpg

そのうち、もっと複雑な心の動きをするようになるのだろうけど、
今はまだ、こういう笑顔が見られる日が続きそうです。
f0108000_1811690.jpg

[PR]

by reremimi2 | 2008-05-16 17:57 | mon chouchou
2008年 05月 12日

ひとめぼれファイル #375 キャビアは寝て待て

ちょっと前のことですが、お友達が、
”ねえねえ、キャビアもらったんだけど、ひとりで食べるのもなんだから、
持って行っていい?”
と言うので即答。”喜んで!”
って、ワタシ、キャビア好きだっけ?
と思いつつ、どうも、
キャビア=高級珍味=めったに食べられない=断ってはいかん!
という、庶民的短絡思考回路が働いてしまいまして・・・・
f0108000_21563741.jpg

”なんかポップな缶だよねえ”
”これって、なんちゃってキャビアじゃないよねえ”
なんてことを言いつつ、
ブリニを焼く。
f0108000_21583648.jpg

ワタシのお料理本で、よもや使うことはないだろうと思っていた、
キャビアを使ったレシピのページより。
小麦粉とそば粉を合わせて、ビールで溶いたもの。
なかなか軽い口当たりで、これだけでもいけます。
まずは定番ということで、
f0108000_221378.jpg

ブリニ+キャビア+サワークリームの組み合わせ。
ふ~ん、なるほどね。
そして、せっかくだからもうひとつ挑戦。
f0108000_2225765.jpg

キャビア海苔巻き。
海苔巻きの中には、せん切りにした生わさび。
そっか~、わさびって、おろさないとあのつんとした辛味はないのねえ。
ふ~ん、なるほど。

せっかく持ってきてくれたお友達には悪いなあ・・・
とちらりと見ると彼女も同感のようで。
”ねえ、感動的においしい!ってわけじゃないよねえ”
”世の中にキャビアがなくても困らないよねえ”
なんて言い合いました。
感動的においしいキャビアもあるんだろうか?

そういえば、以前話した映画”プライスレス”でも、
主人公の女の子が、たいしておいしくなさそうに、
キャビアをパカパカ食べている理由を、
”こうやって練習しているとそのうち好きになれそうな気がするの”
と説明するシーンがあったなあ。
キャビアをおいしく、そして食べなれているように見せるのも、
玉の輿狙いの彼女の作戦のひとつだったのです。
なるほどねえ。

高級珍味、ワタシはそのイメージだけで十分のようです。
ごちそうさまでした~。
[PR]

by reremimi2 | 2008-05-12 22:16 | repas
2008年 05月 11日

ひとめぼれファイル #374 ロマンチッククルージングデート

・・・なんて長ったらしく気恥ずかしいタイトルですが、
彼に免じてお許しを。
f0108000_6341132.jpg


出航、ぼーっ。
f0108000_6352698.jpg

レレの後ろに見えますのは~、レインボーブリッジでございます。
f0108000_6361966.jpg

ただ今下を通過中~。

・・・この後も、いわゆる東京的夜景、
お台場の観覧車だとか東京タワーだとかあったんですけど・・・・
我々まったく違うものに夢中になっちゃって、
いわゆる写真ほとんどありませんでした。

我々が夢中になった風景はこちら。
f0108000_6401150.jpg

積み上げられたコンテナ。
どこへ行くのか?どこから来たのか?何が入っているのか?
妄想族の我々にとってはお台場よりも、
うんとロマンチックな光景でした。
さらにレレにとっては、コンテナを持ち上げるクレーンも
f0108000_6424323.jpg

キリンに見えたり。
f0108000_6432151.jpg

恐竜に見えたり。
ほんと、船からだからこそ見られる、幻想的でステキな風景でした。

さて、2時間ほどのクルージング、途中から、
夫さまとレレは飽きだしたようで、
船内のお土産ショップへ。
そんなところ?とちょっぴりバカにしつつも行ってみると、
なんだか楽しいおみやげ物がありましたよ。
レレは、夫さまにはお魚トランプを買ってもらい、
レレママにはセーラークマちゃん、買ってもらっておりました。

そしてワタシからは・・・
f0108000_6495173.jpg

おさかなサングラス。
f0108000_648524.jpg

メガネにもなりますよ。
f0108000_6501934.jpg

レレ的にはこうして上にあげるのも、”超カッコイイ!”らしい。

ちょっぴり寒かったのは別にして、
ラブラブロマンチッククルージングデートでした。
しつこくって、すんません。
[PR]

by reremimi2 | 2008-05-11 06:52 | mon chouchou
2008年 05月 07日

ひとめぼれファイル #373 魔女便

先日、また魔女便が届きました。
ご存知、母の宅急便です。

今回はこれだ!!!
f0108000_22464717.jpg

もちろんお花屋さんのような宅急便ではなく、
クールでもなく。
あくまでも普通便。
湿らせた新聞紙、敷き詰めたビニール袋。
どうしても、ありがとう!!よりも、なんじゃこりゃ!?な気分が先立ってしまいます。

実家で父が趣味でやっている畑で咲いたチューリップ。
お父様、お母様ありがとう!
と、心から言えない娘でごめんよ。

さてさて、魔女便にやられている間に、
ワタクシ、33歳になりました。
いえい!!33、ミミ歳!
ミミ歳も、なんだかだらりと楽しくなりそうです。
[PR]

by reremimi2 | 2008-05-07 22:53 | Japon