あちこちひとめぼれ絵日記②~un coup de foudre~

reremimi2.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 29日

ひとめぼれファイル #198 まねっこカレー

いつもおいしそうなものを紹介してくれる、mintotoさん。
今までにも色々、参考に作らせていただいてますが、
今回もまた。

今回作りたくなってしまった理由は、
おいしそう!
できそう!
・・・の前に・・・・
f0108000_6521049.jpg

そう!
なんと、あの黒柳徹子さんレシピのカレー!
失礼ながらワタシにとっては、
”アイドルはトイレ行かないんだもん!
女優はおならしないんだもん!”
の延長線上で、黒柳さんがお料理????
というか、黒柳さんが食事?????
まったくイメージがわかないのです。
これは楽しみ♪
と思い早速作ってみました。

f0108000_6571524.jpg

むむっ。おいし。
これ、とーってもシンプルなのです。
材料も手順も。
いつも、とにかく冷蔵庫にある野菜を刻んで入れようとするワタシですが、
今回はぐっとこらえてレシピどおり・・・

そっか~。
黒柳さんこんなの作ったり食べたりしてるんだ~。
と思いつつ、どうもうまく想像できません。

まあ、冒頭にいきなりイラストを持ってきたとおり、
黒柳さんといえばあの髪型。
中になに入ってるの?
一体どういう構造?
なぜかたくなに変えないの?
と疑問は数々あるのですが、
ワタシのもう1つの不思議。
彼女が洋装(ドレス)の時は、
あの髪型が、とても日本的で不思議に見えるし。
着物のときは、あの髪型は、洋風に見える。
まったく同じなのに不思議です。
あの髪型1つで、全体のイメージも不思議な物になる。
すごいです。

こんなことを考えつつ、デザートは、
acoさんにもらった、ヨーグルト。
”はいこれ、ミミヨーグルト。”
”?”
と思ったら、
f0108000_763728.jpg

えっ?Bi-Miって書いてあるって?
無視無視・・・・
ミミだよ、これは。
今度からおいしい物は、美味(びみ)ではなく、
美味(ミミ)。

徹子さんカレー、美味(ミミ)でした~。
mintotoさん、いつもありがとうございます♪
[PR]

by reremimi2 | 2006-08-29 07:09 | repas
2006年 08月 26日

ひとめぼれファイル #197 おやしらず、その後・・・・・

先日はおおげさ痛がりのワタシに、
温かいおことば、みなさんありがとうございました。
昨日、抜いてきました~!!
まだ痛いけど、痛みのもとのあいつがいないと思うと、
まだ耐えられます。
ところが、この歯の痛さの弊害、
思わぬところに・・・・・


f0108000_7132427.jpg

なんて、ミミーアントワネットなことを言ってたり、
動くと歯に響くから、スポーツはお休み。
なんてお得意の言い訳ばかりしてたら・・・・
もりもり太っちゃいました。
万年成長期のわたしは、太るときも、
ぶくぶくなんてものではなく、
もりもり。
今、かなり強そうです。
やばいです、ちょっぴり濃い目のメークなんてしようものなら、
一気に女子プロレス。
もちろん悪役。ってかんじにやばいです。


歯が痛いから、冷たくてやわらかい物ね。
なんていいながら食べてたのは、こんなのです。
f0108000_718576.jpg

卵、乳製品不使用。
豆乳のアイスクリーム。
f0108000_7185688.jpg

ラムイチジクとオリーブオレンジ。
組み合わせとしてとても好き。
だけど、アイスクリームというよりは、
ソルベとの中間。よりソルベ寄り。の食感です。
ワタシは、もっと、こってりーなのが食べたかったんだよう・・・・
なんてことを言ってるから、もりもり太るわけですね。

ところで、歯医者さん、行く度に、
最新鋭の機械がずらーっと並んでいるような。
レントゲンとかも、宇宙船に捕獲されて、
ビームで洗脳されてる。みたいなかんじだったり。
なんだか、ワクワクいたします。
それでも変わらないのは、治療台の横の、
あのかわいい小瓶たちですね。
でも、私が子供の頃より、小さくなったような・・・・
これもガリバー効果でしょうか?

f0108000_7242269.jpg

[PR]

by reremimi2 | 2006-08-26 07:24 | Japon
2006年 08月 24日

ひとめぼれファイル #196 日本はええのう・・・・

昨日、やっと行ってきました。
プライスコレクション 若冲と江戸絵画展。
ポスターなどを見るたびに、行きたい!
行かねば!
と思いつつ、うだうだしてたら・・・・
ひ~、最終日(8月27日)はもうすぐではないですか!!
行ってきたお友達皆が、すばらしかった~!
というし、applicottonさんも満喫されたようだし。

用事を済ませてから行ったので、いつもとは違う、不忍池方面から向かうことに。
驚き!!
なにごとこれ~????
f0108000_16541220.jpg

夏の不忍池。こんなことになってるんですね。
知らなかったー。
蓮がぎっしり。
ワタシ、蓮って、水面にプカプカ浮かんでるのしか知らなかったので、
これは驚き。
だって、水面から、140~150cmはありそうなんですよ。
f0108000_16561221.jpg

午後だったので、残念ながらお花はすでに閉じてましたが。
は~、驚いた。

暑いなあ・・・とだらだら歩きつつ、これが見えたらもう少し。
f0108000_16573284.jpg

覚悟はしてましたが、混んでる。

ほんとうにすばらしかったー!!
日本画、特に動物が好きなので、このコレクションは本当に大興奮!!
大好きなトラもたくさんいましたよ!

でも、なんといっても一番感動したのは、
特別展示。
ガラスのケースを取り除き(それだけでほんとうにありがたい)、
さらに照明で、1日の自然光の明るさの移り変わりを再現して見せてくれるのです。
こうしてみると、本当に見えなかったものが見えるのです。
光の加減で、花が日の光を受けながら満開に咲いていくように感じられたり、
平面に描かれた鳥が、静かな生命感をたたえはじめたり、
色の変化、影の変化だけでない、
生命力を感じました。
この展示法は、プライス氏が強く希望して、ということだそうですが、
本当にありがたいことです。
作品には、埃、我々の吐き出す二酸化炭素、湿気・・・
いろんな点で負担になることをわかりつつも、
あえて本来の姿で、その作品を味わって欲しい。
と考えてくださった、プライス氏。
そして、それを技術的にサポートした博物館のみなさん。
本当にありがとうございました!
そんなことも考えてたら、
これを描いた人も、これを見せてくれる人も・・・・
人間ってすばらしい!!
と、考えはどんどん飛躍し、絵の前でじんわり涙が出てきてしまいました。
美術館でこんなに感動したのはいつだったかなあ?
もしかして、初めてかも。
とにかくすばらしかったです。

東京での会期は残りわずかですが、
このあと、京都、九州、愛知でも行われるようです。
オフィシャルページ内からリンクできる、オフィシャルブログも、
1点ずつの解説が丁寧で楽しいです。
行くチャンスがなさそうな方は、ぜひこちらのページを♪


は~、興奮しちゃった。
[PR]

by reremimi2 | 2006-08-24 17:14 | Japon
2006年 08月 22日

ひとめぼれファイル #195 ぬるい人生

”あなたの人生ぬるいよ。”
よく言われます。特に妹から。
そうかなあ?
そうかもしれんなあ・・・・
と思っていましたが、昨夜、
そうだ、ワタシの人生なまぬるかった!
と再確認する出来事が・・・・

実は、2~3日前から歯が痛いのです。
レレにも、
”歯医者さん行きな。歯医者さん怖くないよ。
 歯医者さん、気持ちいいよ。”
と言われてしまいました。
3歳児に教え諭されるワタシ。

でも、帰省中だったので、東京に戻ってから。
と思っていたら・・・・昨夜。
うぎゃ~~~~!
歯が痛い~~~!
歯が痛くて、夜中に目が覚めました。
今まで、ワタシが夜中に目を覚ますと言えば、
自分のいびきに驚いた。
自分のおならに驚いた。
夢の中からそのまま、自分の笑い声に驚いた。
鼻の穴に指を入れた自分に驚いた。
などなど・・・・・
だったのですが、痛みで目が覚める。
これは初めての経験です。
うぉー、ワタシの人生ぬるかった・・・・・
痛みで目が覚めるその驚き。
こんな感じです。
f0108000_14413375.jpg

ちなみにこれ、帰省中、
海にドライブでも行ったら?
と母に言われて行ったら、
こんな感じ。
海辺のドライブ、ロマンチック~♪
を期待していた夫さま、衝撃を受けてました。


今までのぬるかったワタシの人生、
こんな感じ。
f0108000_1444698.jpg

ちなみにこれ、そのドライブ途中、
偶然寄った、温泉。
なんと、窓から、牛さん見えました。
んも~。
ぬるい、ぬるすぎる・・・・

でも、こんなんで、人生のぬるさを再確認する、
ワタシの人生。
やっぱりぬるいのでしょう。

レレの指示通り、歯医者さんに行ったところ、
おやしらずでした・・・
しかもその隣の虫歯も腫れてる・・・
痛いの痛いの飛んでいけ~!!
[PR]

by reremimi2 | 2006-08-22 14:47 | Japon
2006年 08月 17日

ひとめぼれファイル #194 ♪サンダーバードー♪

どうもレトロな内容続きですんません・・・
うちに、国際救助隊、サンダーバードがやってきました!!
f0108000_16471232.jpg

ほら、今にもあの歌が聞こえてきそうです!
♪サンダーバードー♪
ってそこしか歌えませんけど。
f0108000_16481313.jpg

レレ隊員は現在、青森のじじばば救助中。
サンダーバード2号のワタシも
明日から、協力に行ってきます!

♪サンダーバードー♪
じゃじゃじゃじゃん♪
[PR]

by reremimi2 | 2006-08-17 16:50 | Japon
2006年 08月 15日

ひとめぼれファイル #193 夏の夕方読みたいものは・・・・

怪人二十面相 | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報
このシリーズです!
ワタシと同年代、もしくはちょっと上の、
本好きだった少年少女の方なら、
一度は、学校の図書室で手にしたことがあるのではないでしょうか?
ワタシがこれを初めて読んだのは、小学校高学年の頃。
あの当時、ちょっと古い言い回しや、時代設定的にわからないことがありつつも、
なんともいえない江戸川乱歩のあの世界に引き込まれたものです。

~いったいきゃつはどこに隠れたのでしょう?~
~ああ、賊がすぐ目の前にいるというのに、明智探偵はなにを考えているのでしょう?~
こんな感じの文になんだかワクワクしたり、
おとうさま、おかあさま、正太郎さんみたいな家族同士の呼び方にも憧れたり・・・・
でも、ワタシが最も惹かれたのは、
サーカスとちんどんやの描写です。
脇役として、よく登場するサーカス、もしくはちんどんや。
その場面を読むたびに、あの物悲しいラッパの音が聞こえてくるようでした。
なんとも説明しがたい、物悲しい。という心情。
わたしのその感情の原点は、江戸川乱歩のちんどんやの風景のような気がします。
うまくいえないけど、こんな風景に出会うと、
一気にその感情に飲み込まれます。
f0108000_1148377.jpg

もういっちょ!
f0108000_1149672.jpg

なんだか、物悲しくてちょっぴり怖い。
それがとても好きだったのです。

表紙の絵が、ワタシが小学生の頃読んでいたのとはちょっと変わってしまって、
寂しいけれど。
子供の頃、大人になったら、これ全巻買うんだ!
という希望に燃えていましたが、いまだ叶わず。

でもこれは、夏休み終盤、図書館にわらわら集ってるちびっ子たちにまぎれつつ借りてきて、
夕方、蚊取り線香の煙の横で読む!
というのが、ちょうどいいような気がします。
あっ、大人になったから、ビール片手に。
っていうのも可ですしね。

うひ~、今日の夕方も楽しみ♪
[PR]

by reremimi2 | 2006-08-15 11:54 | livre
2006年 08月 11日

ひとめぼれファイル #192 ひやっこ~いもの下克上!

年間を通して、大好きなひやっこ~いものといえば・・・
アイスクリーム。
真冬の鍋のあとにはアイスクリームが欠かせない!
と固く信じてるし。
カキ氷やシャーベット、ソルベ・・・・・
あれ系はどうも苦手。
頭がキーンとなる!といわれますが、
わたしはそれはないんだけど、
バクバク食べるせいか、けほけほせきこんでしまうので苦手なのです。
ほんのちょっぴり、コースの合間のお口直し。
位の量ならいいんだけどなあ。

だがしかし、夏のこの時期だけは、下克上が起きまして。
ソフトクリームが1番になるのです!
ひんやり、つるり、だけど濃厚。
これは、まさに夏の体が求めている物!
のような気がして・・・

ミルクたっぷりのうこ~うなのもいいのですが、
ちょっと大人のソフトクリーム発見。

あち~っ!と言いながら自転車で走っていたとき見つけました。
ブールミッシュ銀座本店。
のソフトクリームです。
f0108000_1653147.jpg

どこが大人かと言うと・・・
大好きなグラン・マルニエ入り。
3%ほど入っているそうです。
クリームとグラン・マルニエの幸せな組み合わせ。
濃厚ですが、オレンジのさっぱり感もあるので、
食べた後ものどが渇かないソフトクリームなのです。

妹になんでケーキ屋さんでソフトクリームやってるってわかったの?
ときかれましたが、これこれ。
f0108000_1692478.jpg

これが目印でしょう。

レレも1つ食べるとお腹が痛くなると言いつつ、
ソフトクリーム大好き。
f0108000_1611408.jpg

これはグラン・マルニエ入りではない別のソフトクリーム。
”どうして、ソフトクリームはつめたいの?”
と、答えに困るような質問をワタシにふりながら、食べる食べる。
子供の質問に答えるのって、難しい・・・・

暑い日が続きますが、ひやっこ~い、甘い物でリフレッシュ♪
f0108000_1615238.jpg

[PR]

by reremimi2 | 2006-08-11 16:15 | Japon
2006年 08月 08日

ひとめぼれファイル #191 念ずれば通ず!

グルグル~。
みなさんのブログを見てて、再認識するのが、
自分の欲深さ・・・

あっ、これ食べたい!
これ作りたい!
ここ行きたい!
これ欲しい!
とどまるところを知りません。

ワタシってほんと、煩悩の塊。

でも、同時にかなりのめんどくさがりなので、
いいな~。
と思って終わることがほぼ。

でも・・・・
念ずれば通ず!
果報は寝て待て!
他力本願!

いいな~と思っていたものが、偶然我が家に届きました。

まずは・・・・
f0108000_1645947.jpg


一緒に働いている、ピノコちゃんから。
ブルーベリー狩りのお土産。といってもらいました。
ぷっくり大粒のフレッシュブルーベリー。
これが食べたかったのです。
もしゃもしゃ。
おいち~!ぜいたく~!
でもせっかくだからちょっと、手を加えて。
f0108000_1661730.jpg

って、のっけただけ。
生クリームとバナナのみ。
お砂糖も入ってないバナナのムース。
これは、パティシエ・レレ作
f0108000_21564975.jpg

ミッキームウス。

そして、次に届いたのは・・・・
f0108000_1675481.jpg

冷麺。これはうちのママから。
どうも冷麺って、食べる機会がなくて・・・・
だって肉食獣ですから、焼肉屋さん行ったら、
もうニクニク!冷麺までは気が回らないのです。
山椒風味の鶏ハムのっけ。
むふう。もらいものはおいし♪


うふふ。
待ってみるもんですね。
よーし、次はどこに念じてみようかなあ♪

冷麺といえば・・・・
[PR]

by reremimi2 | 2006-08-08 16:14 | Japon
2006年 08月 07日

ひとめぼれファイル #190 しょっぱい愛

子供の頃好きで読んだ本の中に、
世界のむかしばなしシリーズがありました。
どこの国のお話だったかは、忘れてしまいましたが・・・・・

  あるところに王様とかわいい王女様たちがおりまして、
  ある日、王様は娘たちに、どれくらい自分を愛しているか尋ねます。
  
  Honey,Sweetie,Sugarpie・・・・
  などのように、愛情は甘い物。

  お姉さまたちは、お砂糖のようにお父様を愛しています、
  はちみつのように・・・などと続くのですが、
  末娘は、お塩のようにお父様を愛しています、
  と愛情を表現します。
  怒った王様は、末娘を追い出し、お城では塩を禁止したのですが・・・・
  塩がなければ、お料理はちっともおいしくできず、
  王様はやっと末娘の愛情に気づいて・・・・

というお話がありました。
あの頃は、王様はバカだなあ。
なんて思いましたが、
ひねくれた今となっては、
そういうひねった言い方をする末娘っていうのもかわいくないねえ。
なんてことも思ってしまいます。

こんなことを思い出したのは、こちらから・・・
f0108000_1347293.jpg

天日塩のジェラート。
中はうすーい水色。
f0108000_13482673.jpg

スイカにお塩、に代表されるように、
甘さを引き立たせるためのほんの少量のお塩。
という使われ方よくありますが、
これはなんだろう。
甘さをだれさせないためのお塩。というかんじでした。
もう1品。塩もの。
f0108000_13512837.jpg

源吉兆庵の塩あんみつ。
あまったるくなく、すっきり小豆のおいしさが際立つような気がしました。

お料理はもちろん、デザートでも大活躍の塩。
しょっぱい愛もいいかもねえ。
と思いつつ、単純に甘ったるい愛も捨てがたいなあ。
[PR]

by reremimi2 | 2006-08-07 13:54 | Japon
2006年 08月 05日

ひとめぼれファイル #189 待ってました!!

待ってました!この暑さ!
うひひ、やっと、あいつの出番が・・・・・

f0108000_144926.jpg

山形名物。だしー!!

satsukiさんebeitaさんのところでみてから、
作ってはみたものの、
肌寒い日が続いていたのでいまいち気分が盛り上がらず・・・・
だってだって・・・
お二人以外のところでも見かけたのですが、
皆さんがおっしゃることは。

  暑くて食欲がないときでも、
  これさえあれば!

これが、だしのキャッチフレーズなのであります。
でもここで、はたと気づきました!
どんなに暑くても食欲がなくなることなんて・・・・
未だかつてない。
愕然・・・・
よーし、とりあえず、食欲のことはおいといて、
暑い日に食べよう!
と誓っていたので。
待ってましたの暑さです!

さっぱーり&ずるずる。
ご飯にも麺にも合う合う♪
山形の家庭料理ということで、
おうちによってちょっとずつ違うのもまた楽し♪

これは、夏の食卓のヘビーローテーション入り、
間違いなしです。

夏はさっぱりがいいのよね・・・・
[PR]

by reremimi2 | 2006-08-05 15:09 | repas