あちこちひとめぼれ絵日記②~un coup de foudre~

reremimi2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:voyage( 33 )


2013年 07月 07日

ひとめぼれファイル #606 イスラエルへジャーンプ!

f0108000_12334742.jpg

ジャーンプ!して、イスラエルへ到着。
昨日までは、レバノンとの国境近く、北の方にいましたが、
今日からは、イスラエルの南端、エイラットへ行ってきます。


f0108000_12372110.jpg

[PR]

by reremimi2 | 2013-07-07 12:37 | voyage
2013年 06月 27日

ひとめぼれファイル #605 Mt.Fuji !!

飛行機の窓から見える、この景色に興奮する息子。
f0108000_6335063.jpg


Mt.Fuji !! と、しつこく叫ぶ。
富士山~!!じゃないのかい? と思いながらも、
やっぱりこの景色は興奮する。

そうして、はしゃいだり、昼寝をしたりしている間に見えてきた、次なる興奮の景色!!

f0108000_6372810.jpg


今回の目的地、石垣島です。

1週間楽しく過ごしてきました。
そして、明日からは、イスラエルへ出発!!
我が家のバカンスの始まりです。
[PR]

by reremimi2 | 2013-06-27 06:38 | voyage
2013年 04月 07日

ひとめぼれファイル #600 まだまだ飛びます

気がつけば、600投稿!
なんだか、うれしい。


まだまだ飛びますよ。




プーケットで、空中ブランコの練習に励んでまいりました。

これを見た友人に、
”あなたは、どこを目指しているのか???”と聞かれましたが・・・

まだまだ、あちこちふらふら、飛んでいきたいと思います~。
どうぞよろしくお願いします~。
[PR]

by reremimi2 | 2013-04-07 05:08 | voyage
2012年 12月 26日

ひとめぼれファイル #594 タイの乗り物

もう2か月も前になるのですね・・・
お日様、きらきらビーチ、じっとりとした空気。
プーケットのビーチよ、カムバ~ック!!
あれ???違う。ワタシがプーケットに戻りたいんだ。

プーケットで、ダヴィくん、いろいろなものに乗りました。

まずは、ワニに乗ったでしょ。
f0108000_5544668.jpg

緊張のため、硬い表情のダヴィくん。

それから、ダヴィくん憧れのジープにも乗りましたね。
f0108000_555495.jpg


水牛さんありがとう~
f0108000_653754.jpg

しかし、君は美しいですね。
f0108000_661375.jpg


ゾウさんの背に揺られ~
f0108000_672312.jpg

お礼にバナナをあげました。
f0108000_675317.jpg

もっとどうぞ。
f0108000_682666.jpg

お返しに我々もバナナをいただきました。
f0108000_685825.jpg

この小さなバナナがおいしくて、一人2~3本むしゃむしゃ頂きました。
そりゃあ、ぞうさんがもっとくれとおねだりするわけです。納得。

そういえば、トゥクトゥクとか、乗りませんでしたね。
ごめんよダヴィくん、母さんが空中ブランコに乗るのに忙しかったから。
母、プーケットでも空中ブランコ三昧でした。
あれ???空中ブランコは乗り物か???

楽しかったね~。
また行きたいね~。
パパ、どうぞよろしく。

12月18日 うちよるごはん

        ステーキ
        フライドポテト
        キャロットラぺ
        ブロッコリーといんげん 茹でたもの
        芽キャベツのクリーム煮

 
f0108000_6132597.jpg

f0108000_614583.jpg

f0108000_61357100.jpg


この日はダヴィくんのお誕生日だったので、彼の好きなものを。
フライドポテトは、きたあかりをオリーブオイルで揚げました。
おいしいジャガイモで作ると、本当においしいのです。
今年こそ、煮魚を得意料理に加えたかったのに、加わったのは、フライドポテト・・・

フリット(フライドポテト)に、シューブリュッセル(芽キャベツ)、
食卓に並べてから、おっ、ベルギー名物じゃないかと気づいたので、
”パパのためだよ”と付け加えておきました。
[PR]

by reremimi2 | 2012-12-26 06:18 | voyage
2012年 11月 07日

ひとめぼれファイル#591 プーケットへ

f0108000_551752.jpg


緊急時の注意を熟読するダヴィくん。
ムラサキとピンク、そして金色があふれるタイ国際航空の機内。
すごい色だな、ときょろきょろする母をよそ目に、シートベルトもしっかり締めて、まじめな顔。
息子よ、成長しましたね。

プーケットまで・・・思ったよりも遠かった・・・
でも、でも、おひさまとビーチ。
やっぱり行ってよかった!!

f0108000_5564781.jpg


久しぶりに、おもいっきりダヴィくんと砂遊びしました。
入園前は、毎日、毎日砂まみれ、汗まみれになって砂遊びしていたのに・・・
なんだか寂しいなあと思っていたので、ワタシもとってもうれしかった。

f0108000_5591647.jpg

カニを見つけて、喜びのカニダンス中のダヴィくん。

f0108000_603015.jpg

海がとてもきれいで、遠浅で、波もあまり来ず。
子供と一緒に過ごすのには、ぴったりのビーチでした。

残念ながら、エイラットのビーチのように、すぐにお魚がみられるという感じではなかったので、
今回、ワタシはシュノーケリングはパス、しましたけれど。
その分、ダヴィくんとゆっくり遊べてよかったかも。

は~、ビーチ大満喫。
と、帰ってきてから、ぎょっとしたこと。
目じりの笑い皺のところ。
皺の溝が、しろ~く残っているではありませんか!!
ぎゃ~!!!

自分、どれだけ笑ってたんだろ?
っていうか、どれだけ、日焼け止め、してなかったんだろ???

まあ、これが眉間のしわ、でなかったことにほっとしました。
ヴァカンスの跡が、眉間のしわ、ではせつなすぎますからね。

とにかく楽しみまくった、プーケット6日間。
また、のちほど。

10月29日 うちよるごはん

        ハンバーグ
        ほうれんそうとにんじん炒め
        カリフラワー&ブロッコリー

f0108000_6111452.jpg

f0108000_612429.jpg


子供が喜んで食べる、そしてお弁当にも使いまわしができる、
ということで、やたら登場回数が多いハンバーグ。
[PR]

by reremimi2 | 2012-11-07 06:13 | voyage
2012年 01月 21日

ひとめぼれファイル #564 タイムスリップ

昨年秋、ベルギーに行ったときのことです。

ベルギーのおうち、普段は誰も住んでいないので、
なんというか、70年代?もしくは60年代?っていうかさらに前?
な感じで、ちょっとしたタイムスリップ気分が味わえます。

初めて行った時、これにびっくりしました。
f0108000_5333855.jpg

この照明・・・
というか、おうちの中、至るところ鏡張り多用。
なんだか、気恥ずかしい~と思っていたら、今回滞在中、
1×2.3メートルくらいの壁に貼り付けてあった鏡が落下。
粉々に割れて、笑ってられない状況でもありました。

おうち全体が、タイムスリップ状態なので、もちろん小物も。

f0108000_5411415.jpg

メロディカ・・・
夫さまが使ったものなので、すでに40年以上も前のもの。
すごい。物持ちのよさ。

f0108000_5422143.jpg

コーヒーメーカー。
これ、鉄道博物館で同じものが展示されてました。
ばっちり現役で使っております。

f0108000_544198.jpg

古い写真は・・・よしとしましょう。
上の写真、左側が、夫さま。
ダヴィくん、やはり似ているのでしょうか。


ヨーロッパのおうち、外から見るとクラシックでステキだなあと思うのですが、
中のインテリアが、こういう中途半端に古いおうちって・・・

まあ、そんな夫さまのノスタルジック気分に合わせて、
たまには彼のソウルフード。中東料理。

1月16日 うち夜ごはん

       ムジャドラ
       中東風ハンバーグ
       アラビアサラダ
       茹でブロッコリー

f0108000_5503864.jpg

ムジャドラは、レンズ豆と炒めた玉ねぎの炊き込みご飯です。
食べる時は、なんと・・・ヨーグルトを添えます。
ご飯にヨーグルトって、きっと、うわっ・・・・という方多いはず。
ワタシは、好きです。

f0108000_5535226.jpg

えっと、普段のハンバーグよりも、香辛料強めで中に松の実を入れると、
中東風ハンバーグ、とワタシは呼びます。

こんな感じになります。
f0108000_5561153.jpg


ごちそうさまでした~。

こちらのブログも、更新しました。
どうぞよろしく。

日仏バイリンガル(の母になれるのか???)観察日記
[PR]

by reremimi2 | 2012-01-21 05:58 | voyage
2012年 01月 11日

ひとめぼれファイル #561 オランダ鉄道博物館

観光局のページで偶然見つけて、ここも!
と思ったのがこちら。

オランダ鉄道博物館

乗り物大好きな息子、そして、母のマニア心もくすぐる。

f0108000_7193367.jpg


もう入った瞬間から、うわ~!!
ダヴィくん、歓声を上げながら走り回っていました。

f0108000_7211349.jpg

f0108000_7213732.jpg


美しい蒸気機関車にうっとりする母の横で、
3歳児が一番喜んだのは、これでした。
f0108000_723015.jpg


え~っと、まあ、デパートの屋上にもありそうじゃない?と言えばそれまでなのですが、
鉄道博物館で、というのがまたよかったのでしょう。
ここで、おお、ヨーロッパだなあと思ったのは、
これ、子供限定。付き添いでも大人は乗れないのです。
付き添いが必要な子供は乗れません。
ダヴィくん、ワタシタチと離れるのは嫌だけれど、電車には乗りたい!
がんばりました。
ワタシにも、子離れ第1歩。

またぜひゆっくり訪ねたい博物館でした。

全く関係なく
1月6日 うち夜ごはん

      シーフードトマトクリームパスタ
      オムレツ
      スナップサヤインゲンのサラダ
f0108000_7284710.jpg

f0108000_729716.jpg


パスタのソースは、全く主婦的発想の残り物でのソース。
バーニャカウダをして残ったソース、パプリカ、にんじんを一緒に火を通して、
トマト缶を足して、ブレンダーで、グワー!
これが想像以上のおいしさでした。
見た目寂しかったので、冷凍庫よりシーフードミックス。
残り物をうまく使いまわしたときの達成感!
主婦冥利につきます。

ごちそうさまでした。

こちらのブログも久々に更新。
今年は、がんばるぞ~。

日仏バイリンガル(の母になれるのか)観察日記
[PR]

by reremimi2 | 2012-01-11 07:34 | voyage
2012年 01月 10日

ひとめぼれファイル #560 ユトレヒト

さてさて、ちょっと前のこと(11月)ですが、
ベルギーに行った時、夫さまが、
”車でアムステルダムでも行ってみる?”というので、
オランダに行くなら、ユトレヒト!!と強引に説得して、
念願のユトレヒト、行ってきました。

f0108000_6264336.jpg


ず~っと行きたかったところがあって・・・
こちらの、オランダ政府観光局のページを見ながら。
f0108000_6273564.jpg


そう、行きたかったのは、ディック・ブルーナハウス
あのうさこちゃんのミュージアムです。
最近はミッフィーちゃんと呼ばれているらしいですが、
ワタシが幼い頃に読んだのは、”うさこちゃん”!!

恐ろしく方向音痴で知らない道を運転するのが大嫌いな夫さまにもがんばってもらい、
たどり着くと、なんと・・・
f0108000_6212968.jpg

金のうさこちゃんがお出迎え・・・
えっ???なんか・・・ワタシのうさこちゃんのイメージと・・・違うんだけど・・・
とどぎまぎしながら進むと。
大丈夫でした!!
f0108000_6231370.jpg

壁1面にずらりと並んだうさこちゃんの絵本。
f0108000_6235756.jpg

色々な国の言葉に翻訳されています。
世界中で愛されているのね、うさこちゃん。

こどもが遊べるコーナー充実。
f0108000_6252530.jpg
f0108000_6254118.jpg

ダヴィくんも大満足♪

だけど、ダヴィくんが一番印象に残ったのは、
エレベーター。
f0108000_6285725.jpg

ガラス張りの小さなエレベーター。
なぜか、ボタンを押し続けないと止まってしまうのです。
1階と2階の途中でストップ。
”変なエレベーター”として、彼の頭にしっかりとインプットされたようです。

ミュージアムには、ブルーナさんが、うさこちゃんを創りだす前のイラストレーター、デザイナーとしてのお仕事も展示してあり、とても興味深かったです。
そして、驚くことに、ヨーロッパにありながら、
日本語の表示、そして日本語の音声ガイドまでありました。
日本における、うさこちゃん人気のすごさということでしょうか?

ず~っと行きたかったうさこちゃんのおうち。

夫さま、連れて行ってくれてありがとう!



1月5日 うち夜ごはん

f0108000_635354.jpg

f0108000_6355227.jpg


鶏手羽元の八角煮
白菜の甘酢炒め(ウー・ウェンさんの本より)
ごはん
なめこのおみそ汁

ウー・ウェンの野菜三昧の愉しい日々 (講談社のお料理BOOK)

ウー・ウェン / 講談社



ウー・ウェンさんのレシピ、大好きです。
材料も調理もとてもシンプルで、でも本当においしい!
おうちのごはんにぴったりです。
今回作った白菜の甘酢炒めも、白菜とねぎ、そして調味料のみ。
でもじんわりおいしくて。
ワタシ、白菜1/4は、ひとりで食べたと思います。
ごちそうさまでした。
[PR]

by reremimi2 | 2012-01-10 06:38 | voyage
2011年 12月 10日

ひとめぼれファイル #553 サムイクライ

f0108000_7125777.jpg


先日、久しぶりに1週間ほどベルギーに行ってきました。
さむ~くてくら~いヨーロッパの冬。
というイメージどおり。
この写真、朝8時です。朝8時!!

そりゃあ、もうすぐ3歳の息子、
”ママ、ベルギーでは夜なのに、朝ごはんなの???”ときくわけです。
”ママ、ダヴィはお昼寝したの?それとも寝んね(夜寝ること)したの???”と、訳が分からなくなるわけです。
もう、時差ぼけ何だか何ボケなんだかわからなくなるわけです。

そんなわけがわからないまま過ぎた1週間でしたが、楽しいこともあり。
少しずつまたアップしていきたいと思います。

気がつけば、もう少しで、ダヴィくん3歳の誕生日、そしてクリスマス、そしてお正月。
ひょ~~~。
がんばります。
[PR]

by reremimi2 | 2011-12-10 07:19 | voyage
2009年 11月 11日

ひとめぼれファイル #484 アントワープは動物園

おひさしぶりです。
アントワープ経由で無事日本に帰ってきていました。
帰ってきてすぐ、今度はワタシの実家に帰っていたり、
なんだか落ち着かない日々でした。
キャラメルくんもワタシも元気です!

さて、アントワープネタ。
といっても、アントワープは滞在期間も短く、
夫さまの親戚や友人に会うことがメインで終わってしまうので、
いつも観光らしきものもできないんですが。
アントワープに行くと、必ず行きたいのが、
アントワープ動物園。
動物園好きなので、いつか世界各地の動物園めぐりしたいなあ。
というのが、夢の1つ。であります。

アントワープ動物園は、アントワープの中央駅の裏手。
f0108000_659302.jpg

なかなかステキな駅の中を通り抜けて行きます。
そして、入り口。
f0108000_70491.jpg

がおー。クラシカルなトラさんがお出迎え。
1843年にできたアントワープ動物園は、世界でも最古の動物園のひとつなのだそうです。
動物園のホームページは、フラマン語とフランス語のみですが、
なかなかかっこよくて、かなりためになるのでおすすめです。

ワタシがこの動物園が大好きなのは、あちこちにあるオブジェの楽しさもあります。
f0108000_7235085.jpg

f0108000_743775.jpg

f0108000_7241629.jpg


そして、動物たちのおうちもそれぞれ工夫がなされていてステキなのです。
こちらの大きなおうちにお住まいなのは、
f0108000_761539.jpg

ゾウさん親子でした。
f0108000_764525.jpg


フラミンゴを見つめるキャラメルくん。
f0108000_772038.jpg

ここに行くちょっと前から、犬や猫、鳥といった動物に興味を示して、
興奮の雄たけびをあげるようになっていたキャラメルくん。
彼が一番興奮したのは・・・
ジャガーでした!
さすが、トラ好き母さんの息子です。
もう少し大きくなったら、また一緒に行きたいなあ。

大興奮して、楽しんで、さ~て帰ろうか、
というときに見つけたもの。
f0108000_710314.jpg

かわいい~!!
ゾウさんがずらり。
f0108000_711820.jpg

園内用のベビーカーです。
かわいすぎるぜ。
欲しい・・・

動物園から見るアントワープ駅もステキ。
f0108000_7123129.jpg


ワタシにとって、アントワープといえば、
アントワープ動物園!なのでした。
[PR]

by reremimi2 | 2009-11-11 07:13 | voyage