あちこちひとめぼれ絵日記②~un coup de foudre~

reremimi2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:repas( 52 )


2012年 05月 10日

ひとめぼれファイル #577 まぜまぜの喜び

うふふ、とうとう知ってしまいました。
まぜまぜの喜び。

長い間、憧れていたぬか漬けデビュー、やっと果たしました~!!

きっかけは、筍。
茹でる時の糠、糠・・・と思うと、その日にかぎって、
筍の横に置いてあるおまけの糠がないのでした。 
わざわざ糠を買うのもしゃくだなあと思ったのですが、
でも筍は買ってしまったし・・・
ぬか漬けように売られている糠を購入。
これは・・・・これは!
神様からの”ぬか漬けを始めるのじゃ”という合図だわ♪と思い、
さっそく、憧れだったこちらを購入。  

野田琺瑯 ぬか漬け美人 TK-32

野田琺瑯



妹には、なぜに100円のタッパーではいけないのか???
と呆れられましたが、形から入りたいワタシ。
この、野田琺瑯の潔さの力を借りたいのです。
なんたって、ぬか漬けデビューなのですから。

でも、へなちょこのワタシ。
借りられる他人の力はいくらでも借りますので、
すでにいろいろブレンドされているぬか床も合わせて購入しました。

毎日、まぜまぜ。
おいしく漬かりました。
f0108000_6324077.jpg

は~、幸せ。
ワタシ一人のご飯なら、これとご飯だけでもいいくらい。

ダヴィくんは、まだこのおいしさには、目覚めてくれませんが、
まぜまぜする喜びにはしっかり目覚めて、
よくお手伝いしてくれます。
彼にとっては、大好きなお砂場の延長なのでしょう。

f0108000_6345339.jpg


そして、意外なことに夫さまにも大好評。

ああ、ワタシのかわいいぬか床ちゃん。
きっちりお世話しますからね~。

これ漬けたらおいしいよ~、ですとか、
ぬか床にはこれ入れたらいいよ~というアドバイス、
どうぞよろしくお願いします。

4月9日 うち夜ごはん

      V7カレー
      キャベツサラダ

f0108000_639074.jpg

f0108000_6392285.jpg


V7カレーとはなんぞや???
これまた、こちらからのレシピです。

加藤美由紀の小さい子どもがよろこぶメニュー―何度も作ってあげたいおかず

加藤 美由紀 / 文化出版局



VEGETABLE !!
そう、野菜を7種類入れてしまいましょう、というカレーです。
この日は、玉ねぎ、人参、ジャガイモ、ズッキーニ、かぼちゃ、パプリカ、エリンギ。
よし、7種類!
これを、全て2cm角に切って入れるのです。

これまでのワタシのカレーは、ワタシの好みで、お野菜はごろごろ大きめ。
だったのですが、2cm角にすると・・・
調理時間短縮、こどもが食べやすい、色々な野菜を気づかずに食べてくれる!
いいことだらけ。
お肉は、ひき肉。
自称、肉食恐竜のダヴィくんには、ちょっと物足りなかったようですが。

カレー大好きのこどもも満足、
お野菜色々食べてほしいママも満足のV7カレーでした。
[PR]

by reremimi2 | 2012-05-10 06:48 | repas
2012年 01月 15日

ひとめぼれファイル #562 ピザは続くのだ!

1月13日 うち夜ごはん
    
       ピザ 
       ローストビーフサラダ

f0108000_71398.jpg

f0108000_72677.jpg


1月14日 うち夜ごはん
 
       ピザ 
       サラダ
       (またまた)ゆで卵

 
さて、2012年からなんとなく始めた、うちの夜ごはん、
ゆで卵、週何回食べてるんだよ・・・
肉だらけ・・・・
なんて、食生活の見直しを兼ねて、と思っていたら、
2日続けてのピザ!!何事???です。

金曜日、いろいろがんばったダヴィくんのため、夜はピザ!と決めて、
朝から、それを楽しみにしていたダヴィくん。
”ママ~、チーズたくさんのせてね~”
”もちろん!”
なんて、話ばかりしていたというのに・・・
まんまとチーズ載せ忘れてしまいました。
しかもそれに気づいたのは、食べ終わる頃。
あっと思いましたが、知らんぷり~。
誰も気づかなかったようだし、よかったよかった。
と思っていたら、夜、おふとんに入ってからダヴィが、
”ママ、今日、ピザにチーズのせた?”
・・・ああ、ここで、知らんぷりを通せばよかったのかも・・・
”ごめ~ん、ママ忘れちゃった。ごめんね。今度作る時は忘れないね”
と、軽く済ませようとすると、息子の目には、
見る見るうちに大粒の涙が・・・
えっ???まずい・・・
ポロポロ泣き出した息子をどうにかなだめて、寝せました。
あああ、うっかり母さんでごめんよ~と思いながらも、
ぐっすり寝て、翌朝。
そんなことは、もうすっかり忘れていたワタシの下に、
”ママ~、ピザ作って~!”
と、ダヴィくん泣きながら起きてきました。
えっ???忘れてなかったの???
”よし、じゃあ、今日の夜、もう1回ピザ作ろう!”と、どうにか落ち着かせたところ、
”ダヴィねえ、ピザの夢見たの”
えっ???夢にまで見たの???と驚いているとさらに、びっくり。
”ダヴィねえ、ピザに食べられたの”
聞き間違え?それとも言い間違え?と聞き返してみると、
やっぱり、ダヴィくんがピザに食べられる夢だったそうです。
うっかり母さんのせいで、そんなピザの悪夢まで見るとは・・・
本当にごめんね。
でも・・・きみの食い意地・・・おもしろすぎる~。

ごめんねの気持ちをこめて、2日連続ピザ。

生地に全粒粉を加えて、配合を少し変えてみたり、
2枚のうち1枚はシーフードピザにしてみたり・・・
f0108000_7182620.jpg
  
 
作っている途中でも、キッチンにやってきて、
”ママ、チーズのせた?忘れないでね”と念押しにくる息子。
ごめんよ、サービスしとくよ。
チーズたっぷりピザ。
f0108000_719555.jpg

これでどうだ!!
と、母さん鼻息ふんふんでいたら、息子、ピザ1切れしか食べませんでした・・・
そんなものですよね。

さてさて、今日は、ピザの悪夢にうなされずに起きてくるでしょうか。
[PR]

by reremimi2 | 2012-01-15 07:21 | repas
2012年 01月 08日

ひとめぼれファイル #559 oops! I did it again !

昨年のお正月ブログにも書いておりましたが、
我が家の唯一お正月らしい光景と言えば、
福袋を買いに行く夫さま。

ワタシ、ぜ~ったい、福袋買わない派。
夫さま、1年の買い物の中で最高なのは、福袋派。

今年はなんと・・・3つも買ってきました。

この時点でワタシの頭の中は♪ oops he did it again ♪
かつて大ヒットしたあの歌をちょっといじって、ぐるぐる♪

張り切って袋を開けては、次第に落ち込む夫さま。
ダイエットに成功した彼は、うれしくて日本人男性のLサイズ福袋を買ったのですが・・・
ことごとく、小さい。もしくは、ワタシに全否定される品物。
♪oops he did it again ♪
心の中では、繰り返し歌いながらも、あまりに落ち込むと厄介なので、
”え~、これいいじゃん。ワタシ、着てみる!”
”あっ、いいかも~。これもらっていい?”
と言ってみると、
”すごく似合うよ!プレゼントするよ!”と、夫さま。

♪oops he did it again ♪と、歌いながら、
男性用Lサイズが、なぜだかしっくりくる自分にも疑問。
結局、ワタシ、2枚もLサイズもらっちゃいました。

来年は、やっちゃわないでほしいなあと思いつつ、
自分もまた、♪oops I did it again ♪な出来事。

マウスウォッシュ?洗口液?あれを買いに行ったのですが・・・
やっちゃった~。
f0108000_711087.jpg

使おうとよく見ると、”液体歯磨き”
実は、ワタシ、以前にも1回間違えて買ったのです。
それを妹に話すと、妹も間違えて買ったことがあると・・・
”紛らわしいよねえ。もっとわかりやすくしてほしいよね~”
といった失敗があったので、今回は間違わないぞ~!と思っていたのに・・・
やっちゃいました。
f0108000_733470.jpg

次の日改めて、買いに行きました。
やっちゃった。
と思っていたら、祖母と電話で話した時、
”ばあちゃん、歯みがきと、洗顔のチューブ間違えちゃって、
な~んだかす~す~するし、ひりひりすると思ったら、歯みがきで顔洗ってたんだよ”って。
そこまでやっちゃってないから、まあいいか。
って、80過ぎのばあちゃんと一緒に考えちゃいけないいけない。

こんな感じで、みんながやっちゃってる我が家ですが、どうぞよろしく。

1月4日 夜ごはん
     ミネストローネ
     ハム、その他もろもろ(含むゆで卵)

f0108000_785949.jpg

f0108000_792023.jpg


小学生の頃、初めて一人で作ったお料理が、ミネストローネでした。
イラストが散りばめられた少女向けのお料理本を見ながら。
ミネストローネ、って食べたこともないのに。
なぜそれを作ろうと思ったのかは、忘れましたが。
そのときは、セロリが・・・トマトが・・・
・・・野菜ジュースみたい・・・
自分で作ったにもかかわらず、おいしい!という喜びも感じられず、
残念な結果でした。

大人になってから、寒く暗いヨーロッパの冬に頂くスープのあたたかさ、おいしさに開眼!

ゆっくり火を通した、野菜からの甘さ、それをピシッと支えるセロリの香りとトマトの酸味。
大好きなスープです。

付け合せは、年末頂き物のハム。
そう、メインは、スープです。
そして、またか???のゆで卵。
ワタシはこれくらいの湯で加減が、一番好きです。
[PR]

by reremimi2 | 2012-01-08 07:17 | repas
2012年 01月 03日

ひとめぼれファイル #557 うちのお正月

うちのお正月、申し訳ないくらい何もしません。

それでも去年までは、大掃除なし、年賀状なし、年越しそばなし、紅白なし、おせちなし。
それなのに、年末になると、何だか心があせあせ・・・

でも、今回は、本当に心から、”これでいいのだ!!”と思えたからでしょうか。
の~んびり過ごせました。

もちろん、日本の心を子供にも伝えねば!というのもありますが、
段取りが悪く、ひたすら時間のかかるワタシ。
それなのに、かなり自分の力量よりも上を目指してしまうワタシ。
そして、もちろん、その目標に追いつかず、イライラするワタシ。
だったら、ニコニコしてるほうがいい!と腹をくくりました。
もう少しして、心に余裕ができたら、がんばろうっと。
それでいいのだ!

そんなわけで、元旦から全く普通の生活。

朝ごはん食べて、洗濯して掃除して、ダヴィくんとお散歩。

無理せず、身の丈にあった幸せ。
これでいいのだ!
f0108000_716436.jpg

ただいま、変な顔の練習に夢中のダヴィくん。

”そうじゃなくて、こうだよ”
と、本気で変顔模範演技をするワタシに、夫さまは少し引き気味でした。

f0108000_7183661.jpg


そんなうちの元旦夜ご飯。

1月1日 ほうれん草と鮭のチーズソースグラタン
      にんじんサラダ
      アラビア風サラダ
      ゆでたまご

f0108000_731745.jpg

f0108000_7313011.jpg


グラタンは、こちらを参考に作りました。

フランス 野菜のおそうざい―かんたんレシピで野菜のフルコース

大森 由紀子 / 柴田書店



このホワイトソース、今まで作った中で一番濃度、そして食べた時の重さがしっくりきました。
よし、これからうちのホワイトソースは、これ。

ゆでたまご。って、夕食のおかずとしてありなのでしょうか???

うちでは、
夫さまは、”おお!すばらしいたんぱく質ありがとう!”と言ってくれ、
ダヴィくんは、”ダヴィ、ママのゆでたまごだ~いすき!”と言ってくれます。

作り甲斐があるようなないような。
[PR]

by reremimi2 | 2012-01-03 07:20 | repas
2010年 10月 14日

ひとめぼれファイル #516 おふくろの味を探して

毎日のご飯、うちは、
和食(っぽいもの)
中華(っぽいもの)
フレンチ(っぽいもの)
イタリアン(っぽいもの)・・・
と、なんでもあり。
これがうちのおふくろの味、っていうシンプルなところに行き着きたいなあ、
とも思うのだけれど、
あれも食べたい、これも食べたい、作ってみたい、
という気持ちもあるわけで。
さらには、夫さまはベルギー人ですが、ルーツをたどれば、
中東ど真ん中。
やっぱりたまにはそういう、ザ・中東!!なものも食べたくなるようです。
そんなわけで、久しぶりに、レシピ本を購入。

Aromas of Aleppo: The Legendary Cuisine of Syrian Jews

Poopa Dweck / Ecco



この本、イスラエルでどこのおうちにおじゃましてもあって、驚きました。
パラパラ見てると、あれもおいしそう、これも食べたい・・・
と思ってたら、近所のスーパーでこんなおもしろい野菜を見かけました。

f0108000_630353.jpg


ユーフォーズッキーニ。

黒マジックでこう書かれてるのを見たときは、へっ???と思ったけど、
次の日行ったら、

UFOズッキーニ。
に変わってました。なるほどね。

中東でよく見かける、野菜の詰め物。
ワタシが自分で作ってた時は、日本のピーマンの肉詰めを思い描いていたので、
ぎゅうぎゅうにお肉を入れていたのですが、
中東風は、ポイントはお米。
かなりお米が入ります。
確かに、野菜とお肉の旨味を吸収したお米がおいしい!
f0108000_6363635.jpg

中東の肉料理はドライフルーツを合わせることが多いです。
今回はイスラエルから持ち帰った、こちらも使用。
f0108000_6371193.jpg

おお、なんだか、中東っぽい味に!

これだけは、レシピ本なしでもよく作る、
アラビア風サラダ。
f0108000_641655.jpg

角切りにしたトマトとキュウリ、みじん切りの紫玉ねぎ。
いつもはシンプルに、塩、胡椒、オリーブオイル、たっぷりレモン、
で作っていたのですが、
この本のレシピでは、クミンパウダーも。
おお!!中東気分さらに盛り上がりました。
よ~し、オリエンタルおふくろの味!めざしますよ。

って、ブログのタイトルと同じく、あちこちふらふら、
寄り道だらけですが、こんなふらふらした感じがワタシのおふくろの味かな。
[PR]

by reremimi2 | 2010-10-14 06:22 | repas
2009年 12月 14日

ひとめぼれファイル #488 もっちもち

毎年楽しみにしている近所の餅つき会が中止になってしまったので、
急遽、我が家で餅つき。
厳密に言うと、餅こね。
春に買ったホームベーカリー。
f0108000_12132439.jpg

お餅コース。というのもあったなあと思い出しまして。
キャラメルくんの離乳食用に、添加物なしのパンを!
というフレーズで、夫さまを説得し購入したホームベーカリー。
そんなわけで普段は、こんな感じで全粒粉入りのパンを、
お任せコースで焼いております。
f0108000_12154515.jpg

ちょっと時間に、というか心に余裕があるときは、
パンの生地をこねるところまでお任せ。
その後の成形、焼成は自分で。
っていうのも、たまに。たま~に。
f0108000_12172727.jpg

フーガス。
こんな本もあるんだもん。

有名パン職人のホームベーカリーレシピ

毎日コミュニケーションズ


買っちゃいましたよ。
まだまだ作りたいもの、食べたいものだらけ。

って、話はずれてしまいましたが、
お餅大好きのレレと一緒に、
餅こね。楽しみました。
f0108000_12194033.jpg

もちろん杵と臼でついたお餅とは比べ物にならないけれど、
大満足。
レレのこの表情でもおわかりいただけるかと思います。
f0108000_12205677.jpg


ぐふふ。もち米もまだあるし。
あんこも炊いたし。
餅パラダイス~。
[PR]

by reremimi2 | 2009-12-14 12:21 | repas
2009年 12月 05日

ひとめぼれファイル #487 ともだちはいいもんだ

♪ともだちはいいもんだ~♪
小学校で習ったうろ覚えの歌を適当に歌いたくなることがありました。

ちょこっと遠くに住むお友達から小包。
何気なく品名の欄を見ると、
”野菜”
野菜???なんだろ?なんだろ?
とワクワクしながら開けてみると・・・
f0108000_782544.jpg


どど~ん。
かぼちゃ。
うわ~♪
と思いましたが、ワタシが、
♪ともだちはいいもんだ~♪
と歌いたくなったのは、これに気づいたから。
f0108000_795649.jpg


・・・顔・・・
これ、ワタシも絶対やる!
っていうか、ハロウィンでかぼちゃくり抜けないからって、
おんなじことしてた。
さすがともだち!!
すっかりうれしくなってしまいました。
うろ覚えの歌もエンドレスで歌いたくなるってもんです。

もちろんおいしく頂きましたよ。
”ハロウィンでも冬至でもないんだけど”
と、ともだちには言われたけど、
ハロウィン好きのレレのため、
うちはハロウィン使用でいただきました。
f0108000_714927.jpg

グラタンにして、さらに次の日には、
中をくり抜いてスープに。
おいしくいただきました。

Merci !!
[PR]

by reremimi2 | 2009-12-05 07:16 | repas
2009年 09月 06日

ひとめぼれファイル #474 7.5cm 収穫祭

夏も終わり・・・という感じが物寂しい今日この頃。
あの時のゴーヤの収穫祭をいたしました!
f0108000_21511164.jpg

とは言っても、収穫できたゴーヤは、
長さ約7.5cmの、チビゴーヤ1本のみ。
まあ、うちのベランダ、強風吹きすさぶ中育ってくれただけでも感謝。
水遣りくらいしかお世話しないずぼらなワタシの下育ってくれただけでも感謝。

これしかない!
と思うと、おいしく食べねば!と気合も入ります。
豚肉と塩、こしょうのみ。
いただきま~す。
f0108000_21552473.jpg

にがうま~。
チビゴーヤでもしっかりにがうまです。
ゴーヤさんありがとう。

そして、こんなちょっぴりな収穫ですが、
収穫したゴーヤはレレにも味見させる、という約束をしていたので、
きちんとおすそ分け。
7.5cmのゴーヤを分け合うなんて・・・
1杯のかけそばよりもいい話なんじゃ?と思いながら。

そして、自分で育てた、というか、育ってくれたゴーヤとなると・・・
f0108000_215948.jpg

種まで愛しい。
普段お料理するときは、ざっとゴミ箱行きのゴーヤの種。
これ、来年植えたらどうなるのかな???
とワクワクしながら、保存決定。

ゴーヤの種を分けてくれたオトモダチのところでは、
もっと盛大に収穫祭してて、うらやましくなりました。

来年こそは、ワタシも!!
[PR]

by reremimi2 | 2009-09-06 22:02 | repas
2009年 06月 24日

ひとめぼれファイル #459 新カレー

f0108000_16334973.jpg

新カレー。
何の変哲も無いカレー。
どこが新???
でしょ。
新じゃが、新たまねぎ、新にんじん。のカレーです。
ワタシとしてはぐっとこらえて、
市販のルー以外何も加えず。
なんだかおかあちゃんカレー。
おいしかったです。

f0108000_16341527.jpg

新。
新ショウガの時期になったらぜひ作りたいと思っていた、
新ショウガのパウンドケーキ。
こちらの本から。

おいしい!生地―スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に

小嶋 ルミ / 文化出版局




小嶋ルミさんのレシピは数字が細かくて、
ちょっと敷居が高い気もするのですが、
丁寧に計量して丁寧に作るとやっぱりおいしい!のですよね。
[PR]

by reremimi2 | 2009-06-24 16:34 | repas
2009年 06月 05日

ひとめぼれファイル #454 おべんとばこ

ちょっと前、魔女便で送られてきたもの。
f0108000_21511949.jpg

おべんとばこです。
これだと大きさがわかりにくいけど、
普通の女性用のおべんとばこの3倍、はあるだろうと思います。
今、気になって測ってみたら・・・
20センチ×26センチ。
おべんとばこって気軽に言えるサイズじゃないですよね。
f0108000_21584588.jpg


このおべんとばこ、生前父が毎日仕事に持っていっていたものと同じもの、
を母が送ってくれました。
このサイズを毎日持っていってた父もすごいけど、
このサイズに毎日作ってた母もすごいよな~と思うのです。
そしてもっとすごいのは、思春期の乙女であったワタシもこのおべんとばこを、
持たされたこと・・・
と言っても、運動会の時や受験の時など、
何か特別な時のみでしたけど。
繊細な料理は苦手豪快な料理がお得意、
なうちの母が作るお弁当ですから、
おべんとばこに負けない豪快さでした、中身も。
なんで、年頃の娘が恥ずかしがらなかったのか、
今思うと不思議。

さて、いつ使おうかな~と思っていたら、
オトモダチが遊びに来てくれるというのでさっそく。
と言っても、すでに1ヶ月も前のことなんですけど。
f0108000_229014.jpg

お天気もよかったので、張り切って久々にパンも焼いて。
f0108000_22101759.jpg


ポロポロ食べこぼしたパンは、アリさんにお任せ。
f0108000_22125578.jpg

やっぱり外で食べるのは楽しい~!

いろんな思い出の詰まったおべんとばこ、
これからどんどん活躍させようと思います。
[PR]

by reremimi2 | 2009-06-05 22:14 | repas