2013年 04月 22日

ひとめぼれファイル #602 昭和な母と21世紀の子供

子供の頃、お休みの日の朝ごはんはなんだか特別だった。

学校があまり好きではなかったワタシは、お休みというだけで、ワクワクしたし、両親が家でワサワサと忙しそうにしているのもなんだか楽しかった。

たまりにたまった洗濯や掃除で忙しかったのだと、今ならわかる。

それぞれ勝手にお菓子をつまんだりして、だらだら過ごして、母の仕事が、一段落した頃、テーブルにホットプレートを出してきて、焼いてくれたホットケーキ。
お休みって最高!と思った。

畑仕事が趣味だった父の畑で、イチゴが採れると作ってくれたイチゴ牛乳。

f0108000_535225.jpg


あれを飲みたくて、作ってみたら、
ダヴィくんは、"イチゴスムージー!?"と大喜び。

昭和な母と21世紀の子供は語彙が違うのですね。

語彙が違っても、このワクワク感は伝わるといいなあ。と思いました。

f0108000_538206.jpg

[PR]

by reremimi2 | 2013-04-22 05:27 | bébé


<< ひとめぼれファイル #603 ...      ひとめぼれファイル #601 ... >>